パソコンを捨てる際に個人情報の流出を防ぐ方法 is ハンマー

皆さんこんばんは、久喜PCサービスです。

皆さんパソコンのを捨てる際に中のデータをきちんと破棄していますか?

起動しなくなったからと言ってデータを残したまま、捨ててしまうのは非常に危険なのです。

パソコンの中には様々なアカウントのログイン情報や、住所、名前、電話番号、人によってはネットバンキングのデータすら入っています。

とは、言ってもデータの破棄の仕方なんて知らないし・・・と言う方。

実はそれほど難しい事ではありません。

ノートパソコンであれば、裏蓋を、デスクトップであれば横蓋をあけ、中のHDDを取り出してハンマーで思いっきり叩くだけ

これだけでもデータ流出の危険性は大きく低下します。(結局は物理的な破壊が一番確実です。笑)

破棄予定のパソコンであれば壊れても問題ありませんので、ノートパソコン等からうまく取り出せない場合はドライバーでこじ開けてしまっても大丈夫ですしね。

ただ、本格的にデータを破棄するのであれば一度別のパソコンでデータの削除をしてからハンマーのコンボがおすすめです。

通常のパソコンには裸のHDDを読み込む機能はついていませんし、若干敷居が高いのですが、

そこは久喜PCサービスにお任せください。

久喜PCサービスではパソコン破棄の際にお電話一本で、無料回収致します。

当然データに関してはこちらで責任をもって処理をかけ、不安に思われるお客様はご希望頂ければ、目の前でハンマーします。

(なんだか面白い動詞を作ってしまいましたが、当社では実際に「ハンマーする」と言っていたりします。)

当社では、長年の修理、メンテナンスのけいけんから、

一部使用可能な部品を再利用して、(モニター、メモリ、CPU等、お客様の個人情報に一切関係のない部品です。)

処理の代金に当てさせていただいておりますので、悪質な業者の噂の様に、引き取った物をそのまま転売するといった事はありません。

(業者のメリット無しに謎のサービスを提示するのは個人的に胡散臭い気がするので、あえて書いていますので、古くて価値がないから断られるかも・・・・

といった心配はせずにお気軽にお電話下さい。)

長年パソコン修理の最前線にいる我々だからこそ出来るサービスです。

ご家庭、事務所等で、不要になったパソコンが御座いましたらどしどしご連絡下さい!

 

PS:ブラウン管のモニターだけはお引き取りできませんのでご注意下さい。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA