インフルエンザの流行に便乗してウィルスについてのお話。

皆さん今晩は、久喜PCサービスです。

さて、近頃インフルエンザウィルスの大流行が起こっていますね。

早寝早起き、手洗いうがいを徹底してまずは感染しないようにしましょう!

(個人的には画期的な新薬が出たとの事で、少しばかり興味がありますが寝込んでいる暇がないので切実です。笑)

閑話休題

さて、タイトルにもある通り少しだけウィルスについてのお話です。

突然ですが、皆さんウィルスについてどれだけ知っていますか?

【何か怖い物】という認識でいる方が多いかと思います。

実際感染するとPC内部のデータが丸ごと使えなくなってしまったり、

気づかずにそのパソコンで普段使っている、USB等を会社のパソコンに刺してしまい、

大惨事になってしまったという話をニュースやラジオで聞いた事がある方は多いと思います。

しかし、実はウィルスと言う物はそう簡単に感染する物でもなかったりします。

(最低限のウィルス対策をしている前提ですが・・・)

一般の方が市販やフリーのウィルス対策ソフトを導入し、YahooやGoogle等で調べもの程度では

早々感染しません。

もっと危険度の高い海外サイトのブラウジングや、提供元の定かでないフリーソフトの導入、

など普段使いの範囲では感染の確立は低いと言っても問題ありません。

年間で1000件近いお問い合わせを頂く古河ホームPCサービスでも年に二件もあったら多い方です。

では、なにが問題かと言うとウィルスでは無く、アドウェアと呼ばれる迷惑ソフトによる問題の方が顕著です。

以前ににも何度も登場しているアドウェアですが再度簡単に説明するなら、

広告や、別のフリーソフトを表示、インストールさせようとしたり、

インターネットを開いたときに謎のサイトを強制的に表示したりと、

言葉通り、迷惑で鬱陶しいソフトの名称です。

 

で、このアドウェアですがウィルス対策ソフトでは防ぐ事が出来ません。

なぜなら、このソフトたちはその他の有用なソフトのフリをして、

皆さん自身にインストールの許可を求めてくるのです。

しかも【あなたのパソコンは危険な状態です。】や【30秒以内にクリックして、ウィルスの侵入を阻止してください。】

などの不安をあおる文章や音、画像を使って、インストールさせようとしてきます。

そして、不安になって案内通りに操作していくと思惑通り、

「自分で許可をだして」アドウェアをインストールしてしまうのです。

(いわゆるトロイの木馬です。)

 

じゃあどうしたらいいの?

となるかもしれませんが、まず第一に【インターネット】を見ていて、

(パソコンに問題がある・今すぐに対処しなければならない・個人情報を抑えた。)

等の文言を見つけた時点で100%詐欺で、アドウェアをインストールさせようとしてきます。

また、広告ちっくに、こーんなにいっぱい素敵な機能がついてるんだよーと誘導される事もありますが、

そもそもそんなに魅力的なソフトなら、そんなにあくどい事しなくても皆に使ってもらえます。

 

よくわからんと思ったら何か不安になる文章が表示された瞬間に当店にお電話下さい。

表示された文章を読み上げて貰えれば簡単に判別が可能です。

その位でしたら電話で無料対応しますので。

【慌てず】【パソコンに触らず】

気負わず、軽い気持ちで、お電話下さい。

 

PS:フリーソフトインストール時に抱き合わせで入ってくる事も有ります。

(長いので、またそのうち)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA